日本のWiFi環境は訪日外国人にとって不満

旅の必須アイテムと問われれば、スマートフォンという方が多いのではないでしょうか。昨今のスマートフォンはカメラでもあり、ガイドブックでもあり、地図でもあり、SNSを通じて旅行記にもなる、まさに旅の万能アイテムです。海外から来る多くの観光客の人にとってもそれは同様です。

そして、その機能を最大限活用するには通信回線が欠かせません。

中国の知り合いの多くは、出発前に日本の電波に接続させるためのWiFiルーターをレンタルしていきます。北京の空港では、そういった製品の引き渡しカウンターが出発ロビーにあり、申込者が毎回長蛇の列になっています。また、最近日本の空港でも訪日外国人向けのSIMカードが発売されるようになり、徐々に通信環境へのストレスは無くなってきました。

しかし、よく聞かれる質問があります。
「日本にはなぜフリーのWiFiスポットが少ないのか?」

確かに、中国ではレストラン、喫茶店、ホテルなど業態や規模の大小を問わず、基本的には顧客サービスの一環として無料のWiFiが解放されています。日本では通信会社がWiFiサービスを提供してはいますが、個々のお店自体がWiFiサービスを提供しているケースはあまりなく、たとえ無料WiFiがあっても申し込み手続きが必要であったり、そもそも外国人を前提にしていないサービスもあります。

日本のレストランではお水やお茶をタダで出してくれるというは、外国人にとって意外である場合も多いですが、ことWiFiに関してもそれくらい普通のサービスとなるべきものだと思います。

とはいえ、決して大手の通信会社にインフラを作ってもらうということではなく、個々のお店があたりまえのように、旅行者に対してWiFiの電波を少し貸してあげるということで十分だと思います。
宿泊施設ではこの分野での助成制度はありますが、今後さらに様々な業種にその対象を広げることが必要になってくるかも知れません。