外国人にとって、日本は世界に数ある旅行先のたった1つにすぎません。
「来た人をもてなす」だけでなく、
「来たい人を生み出していく」仕掛けが必要です。

 

アジアからの観光客、特に中国人旅行客が急増しています。

一方で、中国からのアウトバウンドとしてみると、日本は中国人の人気渡航先の国別で5位、都市別では8位大阪と、アジアでは1位であるものの実は日本にいて感じるほど旅行先としての存在感があるとは言えません。

また、欧米人の訪日旅行客数は近年横ばいで、TripAdviserの人気渡航先の上位に日本の都市は全くランクインしておらず、中国を始めアジアの都市の躍進が目立ちます。グローバルマーケットでの日本の地位はむしろ相対的に下がっているのが実情です。

世界が成熟期に突入しモノ以外への消費欲求が台頭する中、多くの国々が日本と同様に観光立国化へと大きく舵を切り、世界規模で旅行マーケットの壮絶な刈り取り戦が始まっています。モノづくりにおいて「作っただけでは買ってくれない」のと同様に、「観光資源がある」というだけではもはや世界マーケットでは戦えません。これから重要になるのは、その観光資源を活かした日本へ来たくなる「価値づくり」です。

七友が考えるインバウンドマーケティングでは、「日本へ来た人」だけではなく、訪日ポテンシャルを持つターゲットを新たに見出し、「日本に来たい人を生み出していく」アプローチを重要視しています。

 

中国大手旅行予約サイト「途牛網」のユーザー動向調査
出展:途牛网「2015上半年在线出境旅游报告及下半年预测」(2015年7月)

人気国
1位 フランス
2位 イタリア
3位 モルディブ
4位 スイス
5位 日本
6位 タイ
7位 アメリカ
8位 ドイツ
9位 韓国
10位 インドネシア
人気都市
1位 パリ(フランス)
2位 ローマ(イタリア)
3位 ルツェルン(スイス)
4位 ヴェニス(イタリア)
5位 フェレンツェ(イタリア)
6位 ラウターブルンネン(スイス)
7位 ピサ(イタリア)
8位 大阪(日本)
9位 モントルー(スイス)
10位 ジュネーヴ(スイス)

 

世界最大手の旅行口コミサイト「TripAdviser」が選ぶ世界の観光地
※カッコ内は前年度順位からの変化
出展:TripAdviser Top 25 Travelers’ Choice World Destinations Award 2014

1位 Istanbul, Turkey (+11)
2位 Rome,Italy (+2)
3位 London, England (0)
4位 Beijing, China (+17)
5位 Prague, Czech Republic (+4)
6位 Marrakech, Morocco (+13)
7位 Paris, France (-6)
8位 Hanoi, Vietnam (New)
9位 Siem Reap, Cambodia (+14)
10位 Shanghai, China (+12)
11位 Berlin, Germany (0)
12位 New York City, New York (-10)
13位 Florence, Italy (-5)
14位 Buenos Aires, Argentina (+4)
15位 Barcelona, Spain (-10)
16位 St. Petersburg, Russia (+4)
17位 Dubai, United Arab Emirates (New)
18位 Chicago, Illinois (-4)
19位 Cape Town, South Africa (-3)
20位 Bangkok, Thailand (-7)
21位 Budapest, Hungary (New)
22位 Sydney, Australia (-12)
23位 Lisbon, Portugal (New)
24位 Chiang Mai, Thailand (0)
25位 San Francisco, California (-18)

 

 

七友の考えるインバウンド